人生は本で豊かになれる。

在庫を持たない本屋さん

投資

今一度、投資計画を立てよう『資産運用の超入門書』

更新日:

資産家になりたい、またはお金という概念から自由になりたいと思っている人達へ。

投資という考えを持っていない人は、今からでも出来るので計画を立てて実行すべきだと思う。

かくいう僕も、投資の重要性に気づき、手軽さからFXを始めたが案の定勝てずに、FXは投機だと気付き、今に至るわけだ。

僕は後2年は学生ということもあり、先月から毎月3万円を積み立てNISAに投資し、卒業時には、25ヶ月×3万円=75万円を積み立てNISAで運用していく計画を立てている。

さらに今後の計画のために必要な情報がこの本には書かれていた。

1章 運用前にやっておきたいこと
2章 余裕資金ゼロの運用法
3章 ベストな運用法を知る!
4章 投資額別にみる運用術

最初は何をしたらいいのかわからない

僕も投資というものに手を出そうと思った時、どこから手を付けていいかわからずに、FXに手を付けてしまった。

やり方がわからない人は、まずこういう本を買って読むべきだ。それくらいの価値はある。

ちなみに初心者からすれば少額投資から始めたいものだ。

僕はNISA一択だった。NISA口座を開設してインデックスファンドに投資という流れが最も鉄板というべき投資だとは思っている。

ただ、投資信託にも様々な種類があり、そこらへんが僕はわかっていなかったのでこの本は参考になった。

少額投資から始めたい人用のアドバイスとしては、
・中長期目線で投資すること。
・中長期目線なら、投資信託がオススメ。
・1つのファンドに注ぎ込まず、バランスよく投資すること。

に終着すると思う。

投資信託にも様々な種類があるが、おそらく上場投資信託(ETF)が良さそうだが少額投資には不向きらしいので、積み立てNISAの範囲内では海外または国内株式型投資信託に投資して、元手を用意できたらETFで投資という流れがいいのだろう。

証券口座を初めて開設した人ならわかるだろうが、口座を開設したばかりで且つこの本を読んでも正直理解したようでしていない感じにはなると思う。

ギャンブルでは決してないので、とりあえず資金を毎月準備して適当に銘柄を選び、徐々に学んでいくスタイルがいいと思う。

そしてその都度、この本なりネットで調べるなりして知識を深めていけばいい。

何せ、初心者にとって重要なのはこういう本を読んで、投資していこうというきっかけ作りをすることだ。

僕も、この本や他の投資本を読んで刺激を受け、節約思考になったし、節約によって捻出されたお金を10〜20年後に備えて、ひたすら投資していこうというマインドになれた。

-投資

Copyright© 在庫を持たない本屋さん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.